タープ

キャンプにタープは必要?キャンプの幅が広がる必須アイテムである!

更新日:

スポンサーリンク

キャンプで使用するタープ。キャンプ初心者にとってはとりあえずテントがあればタープは要らないんじゃないかな?と思いませんか?

確かに販売されているテントの中には前室がしっかりしていてタープが無くてもキャンプを楽しめる物もありますが、日差しや雨避けになるタープ。

何よりもタープを使用する事で開放感のある居心地の良い空間を作り出せる事が出来ます。

最近では各メーカーから様々なタープが発売されています。

今回はタープの必要性や数ある中からおすすめのタープを紹介していきたいと思います。

Contents

タープがあると何が良いのか?

タープとはキャンプに置けるリビングを形成するアイテムです。

少人数のキャンプであればタープが無くても前室の広いテントを使用すればタープ無しでもキャンプは出来ますが、タープは日差しや雨を防いだり、快適に調理が出来るスペースをしっかり確保でき、テーブルやチェアを置いて快適な空間を広げる事が出来ます。

人数が多くなるファミリーキャンプであればなおさら必要性は高いと思います。

状況に応じて形を変える事が出来る利便性や、リラックス空間を演出してくれるアイテム。一度使えばそれは無くてはならないアイテムだと感じると事だと思います。

タープにはどんな種類があるの?それぞれの特徴を理解しよう!

タープには色々な形状があり、形によって呼び方を分類しています。それぞれの特徴を説明していきます。

コンパクトが特徴のウィングタープ

出典:楽天市場

広げるとひし形で張った時の形が翼のようなのでウィングタープと呼ばれます。

特徴

  • 環境に応じたアレンジがし易い。
  • ポール2本で設営が出来る。他のタープと比較して設営が楽、慣れれば一人でも設営出来る。
  • コンパクトに収納できる。
  • 風に強い。
  • 有効面積が狭いので少人数向き。

ロースタイルなどキャンプのスタイルに合わせた設営が可能。また、見た目のカッコよさから購入するキャンパーも多い。

六角形のヘキサタープ

出典:楽天市場

もっとも人気のあると言われるのが六角形のヘキサタープです。

特徴

  • ポール2本で設営が出来る。設営が楽、慣れれば一人でも設営出来る。
  • 環境に応じたアレンジがし易い。
  • ウィングタープと比較すると有効面積は広い。
  • コンパクトに収納できる。
  • 風に強い。

ウィングタープと似ているヘキサタープですが、アイテム数としてもヘキサタープが一番多いので価格帯も広く選びやすいです。

形もかっこいいし、初心者でも設営が割と簡単に出来る点からもタープデビューにおすすめの形です。

アレンジ豊富なレクタ(長方形)・スクエア(四角形)タープ

出典:楽天市場

2本のメイン支柱に4本の支柱を使って設営するタイプのタープです。比較的サイズが大きいのでタープ下の空間は非常に広く解放感のあるタープです。

特徴

  • ウィング・ヘキサと比較すると大きな物が多く大人数向け。
  • 空間が広く、開放感がある。
  • アレンジ性が高い。
  • 設営が難しい。(一人では難しい)

人数や環境に応じたアレンジがしやすく、使用面積の大きさから大人数向けのキャンプに向いてます。

虫から守ってくれるスクリーンタープ!

出典:楽天市場

ここまで紹介したタープとはちょっとタイプの違うスクリーンタープ、その名通り、四方をメッシュで囲う事が出来るので居住性や防虫効果が高いタープです。

特徴

  • 四方をメッシュで囲う事が出来るので、プライベートが確保できる。
  • ランタンに寄ってくる虫から身を守れる。
  • 風や寒さを防ぐ、寒い時期のキャンプにおすすめ。
  • 設営に時間がかかる。
  • 背が高い分強風に弱い。
  • 開放感に欠ける。

その他のタープを決めるポイントは!?

先ほど紹介したようにタープには形の違いがありますが、もう一点重要なポイントは生地の違いです。

同じようなタープでも価格がビックリするほど違のは何で!?と思いませんか?価格の違いはブランドネームもあると思いますが、生地の違いと言ってもいいです。

また、生地の違いによってタープそのものの重さも変わりますし、使用に適した環境や時期なども変わってきます。

自分に適したタープを選ぶ為に生地の違いをしっかり理解しておきましょう。

素材の種類とその特徴

もっともポピュラーなポリエステル

テントも含め最も一般的な素材がポリエステル。リーズナブルで軽量、濡れてもすぐに乾くといった特徴から管理もしやすい。

欠点は、火に弱く火の粉が当たれば穴が空いてしまいます。

軽い!ナイロン

ポリエステルよりも軽い為、登山用途のウルトラライト系テントによく使われています。強度があり、耐水性も高い。

ポリエステルと比較すると高価になります。

自然派素材コットン

衣服にも使われるコットンの特徴はそのナチュラルな風合い。通気性が良いので結露しにくい特徴があります。

水分を含むと生地が膨張し雨の侵入を防げますが、決して水に強いとは言えず、濡れると重くなります。使用後に乾燥させないとカビが発生しやすいという弱点があるので使用後の管理はしっかりしなければいけませんね。

火には強いので、多少火の粉がついても穴が開いたりしません。焚き火キャンプに向いた素材です。

いいとこ取りのポリコットン

その名の通りポリエステルとコットンを混ぜた素材で、その割合はメーカーにより様々で割合によってその特徴も変わってきます。

ポリエステルよりは重く、コットンよりは軽い、それでいてコットンの風合いを感じられる生地で人気も高いです。

撥水加工の施されたものもありますが、コットン同様、雨天使用後は乾燥が必要です。

おすすめウィング・ヘキサタープ

Colman Tarp XPヘキサタープMDX

 

・耐水圧:約1,500mm
・タープサイズ:約460×435×230(h)cm
・収納時サイズ:約φ18×74cm
・重量:約7.6kg
・材質:タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール) ポール/(メイン)スチール約φ19mm×2 (サイド)スチール約φ19mm×2 長さ約180cm
・付属:サイドポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

安心の大手ブランドコールマンのスタンダードモデルです。XPヘキサタープにはサイズと付属品が違うSサイズもあり、MDXはMサイズで、サイドポールが2本付属します。

出典:Colman

このタープの特徴は、メインポールに2本のポールをX字状につなげたクロスポールを採用する事で張り綱を1本で済ませているということ。ペグダウンの箇所も少なくなるので設営が簡単です。

1本ポールよりもXポールの方が安定感があり設営しやすく、クロスポールを広げたり閉じたりすることで高さ調整も容易になっています。

スノーピーク HDタープシールド ヘキサL Proセット

 

・耐水圧:ミニマム値:3000㎜
・サイズ:570×500cm
・材質:210Dポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3000mmミニマム、UVカット加工、テフロン撥水加工
・重量:9.8㎏
・付属:タープ本体、ウイングポール(280cm、240cm)、ソリッドステーク40(×4)、ソリッドステーク30(×4)、自在付ロープ(ニ又用10m×2、3m×2、2m×2)、ぺグハンマーPro.C、ポールケース、ロープケース、ぺグ&ハンマーケース、キャリーバッグ

シールド加工されたこちらのタープは生地を通す光を軽減し、加工が施されていないタープよりも体感温度が2~4度低くなったという実験結果もあります。

シールド加工しているものとしていない物との快適性の違いは歴然です。

慎重な縫製と縫製部分に裏側からシームテープを圧着する事で、二重三重の防水対策がされているので雨が降っても快適に過ごすことが出来ます。

購入時の注意点はポールやペグ、ペグハンマーが付属するProセットとポールが別途必要なタイプがあるので付属品をしっかり確認しましょう。

ユニフレーム REVOタープ L

 

・耐水圧:1800㎜以上
・材 質:幕体/ポリエステルタフタ150D・耐水圧1800mm以上・UV-CUTコーティング・PUコート+テフロン撥水処理、ポール/スチール(φ28.6mm×240cm×2本、φ19mm×180cm×2本)
・重量:6.1㎏
・付属:張縄・ペグ(スチール8本)・ハンマー・ペグケース・ポールケース・収納ケース

開放感を追求したユニフレームの快適タープ。左右非対称のデザインが開放感を心地良い居住性を実現。

内面はライトグレーコーティングがされていて、日中は適度の遮光性を保ち、要るはランタンの明かりを反射し、明るくなります。

サイドポールが付属しているので開放感ある様々なスタイルが楽しめるコスパの高いタープと言える。

ドッペルギャンガー ムゲンタープ

 

サイズ:W320×D220cm
重量:2.2㎏
材質:ポリコットン
タープ本体、ロープ、キャリーバッグ
※ペグ、ポールは付属しません。

デザインの可愛らしさとお財布に優しい価格で人気のDOD。

ポリコットン生地なので強い日差しや多少の火の粉も大丈夫。

厚みのあるポリコットン生地を使用しているので、濃い影を作り出し、夏場のキャンプも涼しく過ごすことが出来るタープです。

ファスナー連結でサイズや色を自由に組み合わせられるポリコットンタープ。

1枚ならソロキャンプ、2枚でファミリーにちょうど良いサイズに、3枚あればみんなでワイワイできる宴会スペースがつくれます。

LOGOS Black UVヘキサ-AG

 

耐水圧:1200㎜
組立サイズ:約570×500×230cm
材質:68Dポリエステルタフタ
重量:約4.4kg

幅570㎝という大きなサイズながら定価はわずか15,000円程度というリーズナブルさが魅力。

耐風性に優れ多彩なアレンジが可能な大型ヘキサゴン型タープです。

小川キャンパル フィールドタープヘキサDX

 

耐水圧:1500㎜
サイズ:500×570
材質:ポリエステル210d
重量:5.5㎏
付属:ぺグ、張綱、金づち、収納袋

素材も機能もハイグレード、快適にゆったり使えるヘキサタープ。

余裕のあるサイズなのでサイトレイアウトにも余裕が持てる、 ファミリーでゆったり使えるヘキサ型タープです。

ニュートラルアウトドア GEタープ

 

耐水圧:3000㎜
サイズ:約W320xL410cm
材質:ポリエステル185T(68D)
重量:3.3kg
付属品:収納袋、ポール、ペグ8本

2015年の春にスタートした新しいブランド、NEUTRAL OUTDOOR

シンプルで自然感ある素材を生かしたデザインで人気が高まっている。

ポリエステルを採用しており、濡れても乾きやすくイージーメンテナンスを実現しています。各部の補強も十分なタープです。

ニーモ シャドウキャスター110

 

サイズ:358×414×高さ23cm
材質:150D PUポリエステル
重量::1.7kg(ポール除く)

NEMOが新たに提案するグループキャンピング用タープです。新開発のスプリングリンク™リッジラインをタープのリッジラインに組み込むことにより、初めてタープを設営する初心者でも簡単かつ確実に一人で設営することが可能です。

カラーもシックでカッコいい!

おすすめレクタ・スクエアタープ

コールマン スクエアタープDX

 

耐水圧:1500㎜
サイズ:500×400×250(h)cm
材質:150Dポリエステルオックスフォード
重量:約15.5kg
付属:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

スノーピーク HDタープシールド レクタ(M)Proセット

 

耐水圧:3000㎜ミニマム
材質:210Dポリエステルオックス
重量:4.8kg
付属:タープ本体、自在付二又ロープ(×2)、自在付ロープ(×6)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース、取扱説明書

有効面積が広く実用性が高いレクタ型タープ。広いリビングスペースを確保する事が出来ます。

ロゴス neos ドームFITレクタ

 

耐水圧:2000㎜
サイズ:(約)幅500×奥行360×高さ230cm
材質:難燃性ポリエステルタフタ
重量:(約)7.0kg

ロゴスはやはりコストパフォーマンスの高さが魅力。

小川キャンパル フィールドタープレクタDX

 

耐水圧:1500㎜
サイズ:幅420×奥行350cm
材質:ポリエステル210d
重量:11.0㎏
付属:ぺグ、張綱、金づち、収納袋

生地に遮光性の高いピグメント加工:強い日差しをポリエステル210dの生地と遮光コーティングで二重にカットします。

おすすめスクリーンタープ

コールマン タフスクリーンタープ400

 

耐水圧:約2,000mm
サイズ:約400×360×210(h)cm
材質:75Dポリエステルタフタ
重量:約12.5kg
付属:ペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース

設営がしやすくドームテントとの連結にも最適なタフコンセプトスクリーンタープ。1人でもスムーズに設営できる簡単アシスト機能が付いている。

スノーピーク カヤードセット

 

耐水圧:3000㎜ミニマム
サイズ:680×490×210(h)cm
材質:/150Dポリエステルオックス
重量:11.5kg
付属:タープ本体、自在付二又ロープ(9.0m×2)、自在付ロープ(2.5m×4)、スチールポール210cm(×2)、スチールポール140cm(×4)、スチールペグ25cm(×18)、本体収納ケース、ポールケース、ペグケース

メッシュを覆うようにパネルを取り付ければ、プライベート空間もつくれます。

どのパネルも巻き上げられるので向きを気にすることなく設営する事が出来ます。

ドッペルギャンガー コネクタブルスクリーンタープ2

 

耐水圧:2000㎜
サイズ:W350cm×D350cm×H240cm
材質:150Dポリエステル
重量:14.6㎏
付属:ルーフシールド、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

4面全てのドアを開閉できる構造なので、状況に合わせて様々なアレンジができます。

大人数でわいわいしたいときはパネルを跳ね上げて大きな日陰を作る事も出来る、アレンジ多彩なスクリーンタープです。

カラーもかわいらしくファミリーにもおすすめ。

小川キャンパル ドームシェルター ラナ

 

耐水圧:1800㎜
サイズ:約370×約390
材質:ポリエステル75d
重量:10.8㎏
付属:イナーシート、セルフスタンディングテープ、
接続用カーテン、 コネクティングテープ、ぺグ、ピン、
張綱、金づち、収納袋

4面のパネルはメッシュパネルとフラップを装備。専用の出入口を2ヵ所に装備。

開放的なリビングスペース。大きな4面は張り出しと巻上げが可能 。大きな4面は張り出しと巻上げができ、開放的なリビングスペースをつくります。

まとめ

色々な種類のタープを紹介してきました。

キャンプサイトは見た目も大事ですよね、各メーカーもれなくテントもタープも販売している事が大半です、同じメーカーのテントとタープは相性が良いように作られているのですでにテントをお持ちであれば同じメーカーのタープ、これから揃えるという方はテントとタープを同一メーカーで揃えるとサイトの雰囲気やフォルムの良さも全然変わってくるので同じメーカーで揃えるとサイトが締まって良いと思います。

価格帯が幅広いグッズですが、長く使う事を想定して慎重に選定しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-タープ

Copyright© to the nature , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.