2ルームテント

テント

ファミリーキャンプおすすめの2ルームテントを紹介します!

投稿日:

スポンサーリンク

近年のキャンプブームでファミリーキャンプデビューするという方もいるのでは無いでしょうか。

キャンプは子供に様々な経験をさせるとても良い機会だと思います。

キャンプを始めるとなると、一番最初に必要だと思うのがテントですよね。

しかし、テントは数多く販売されており、色々な形があります。どれを購入するべきか迷うと思います。

今回は、たくさんあるテントの中から、ファミリーキャンプにおすすめしたい2ルームテントをご紹介します!

2ルームテントって何?

2ルームテントって何?って方も居ると思います。

2ルームテントは、テントとタープが一体化したテントで、2ルームテント1つで寝室とリビングというキャンプに必要なスペースが完成します。

また、リビングスペースはシートで囲われる作りが多いのでプライベートも確保されますし、虫よけにもなるのでテント内で快適に過ごす事が出来るテントです。

一口に2ルームテントと言っても色々な形の物があるので、2ルームテントのメリット、デメリットと合わせて紹介していこうと思います。

2ルームテントのデメリット

開放感が少ない

寝室部分からリビングスペースにかけて、壁で囲われている箇所が多いので開放感に欠ける。

一人で設営が慣れるまでは大変かも

1つでリビングスペース、寝室部分を担う為、やはりサイズが大きく一人での設営が大変。

大きいが故に干すのが大変

テントは使用後は天気のいい日に干すのが基本ですが、2ルームテントは大きいので干すのが大変です。

塗れていると乾くのに時間がかかってしまう。

虫が入ると大変

虫が入りにくいというメリットの反対に一度入ると出て行きにくいというデメリットも(笑)。

重量がある

テントが大きい分重量も増します。

物にもよりますが、20㎏程になるのでサイトまで距離がある場合は辛い。

2ルームテントのメリット

2ルームテント1つで済む

2ルームテント1つ設営すれば、他にタープなどが必要ないので手間が省ける。

虫が入りにくい

リビングスペースをしっかり囲う事が出来るので虫が入りにくい。

雨がふっても安心

リビングスペースと寝室が繋がっているので雨が降っても行き来に濡れなくて済む。

また、リビングスペースが雨らかギアを守ってくれる為、突然の雨にもパニックにならない。

リビングが風よけになるので、朝晩の冷え込みに強い

四方を囲ってくれるので風避けにもなる。

また、朝晩の冷え込みにも強いため、子連れファミリーキャンプに最適。

おすすめ2ルームテント紹介!

ここからはおススメの2ルームテントを紹介していきます。

3~4人家族を想定したテント、且つ子供が窮屈に感じないようなある程度高さのあるものに絞って紹介していきます。

コールマン タフスクリーン2ルームハウス

言わずと知れたコールマンの2ルームテント。

  • 1人でもスムーズに設営出来る簡単アシスト機能付き
  • 室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステム
  • 強風でもビクともしないアルミ合金製メインポール

設営のし易さや、手を出しやすい価格の面でも、初めてのファミリーキャンプに向いているテントと言えると思います。

ロゴス パネルスクリーンドゥーブル

ロゴスが誇る、王道にして最強の2ルームテント。

  • 筋交い構造により、古クローズした時の強度が向上
  • 車とのリンクが可能。車体連結ジョイントも標準装備

車と繋げて設営する事も可能なので、雨が降った時の車からの荷物の出し入れも楽チン。

スノーピーク エントリー2ルーム

  • 4本のアーチフレームと、リッジポールを用いたシンプルな構造
  • リビングスペースにはスカートが備わっており、外気の侵入を遮断できる
  • 年間を通じて使用する事が出来る

シンプルな構造で設営しやすく、エントリーキャンパーにとって必要十分な機能を備えている。

手の届きやすい価格帯を実現したスノーピーク初心者向けのテント。

ゼインアーツ ロガ4

2018年に誕生した長野県松本市で誕生した注目の新ブランド「ZANE ARTS」。

  • 一般的なファミリーテントと同等サイズのコンパクト2ルーム
  • 禅皇室のダブルクロスフレームを各々組み立てて、中央のブリッジフレームで固定するだけの簡単設営

日本の山岳のベースキャンプ用としても充分使える仕様となっている。

2ルームながら総重量は6.8㎏という軽量。

備品にも妥協しないクオリティの高いテントながら価格はお手頃、見た目のクールさにも惹かれる。

ノルディスク レイサ6

ノルディスクはシロクマロゴがかわいいおしゃれな北欧ブランドです。

レイサは4と6があり4が4人用、6は6人用となっていますが、家族で広々となると4は少し狭いかなという事で6をおすすめさせてもらいます。

  • 大小2つのインナールームを備えた汎用性の高いテント
  • フライシートにポールを通しペグ打つだけなので設営方法もシンプル
  • 軽量かつ、設営が簡単

北欧ブランドらしいオシャレな雰囲気は周囲とワンランク差をつけるポイントになるかも。

OGAWA ファシル

  • 全方向フルメッシュでシェルター使用も快適
  • クロスポールが設営をシンプルにし強度も確保
  • 雨の日でも喚起可能なベンチレーション付き

寝室もリビングもこれまでにないジャストなサイズ感で居住性は抜群。

まとめ

近年はキャンプ人気で各メーカー、テントに限らず新商品がどんどん発売されています。

まずは、間違いないテントを選ぶことが重要だと思います。

キャンプを始めたばかりであれば組み立て易さを重視してもいいと思いますし、リビングスペースでの快適さを重視するなどよくよく吟味してみてください。

すてきなファミリーキャンプが出来るテント探しのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テント

Copyright© to the nature , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.