ステーキランチ

鉄板

極厚鉄板(6㎜)で焼く!ステーキランチがうまい!!

更新日:

スポンサーリンク

今シーズン、私は肉が格段に美味しくなるという極厚鉄板を購入しました。

早々にシーズニングを済ませたのですが、なかなかアウトドアで使うチャンスが無かったので、我慢出来ず、自宅でステーキランチをしてみる事にしました。

極厚鉄板をシーズニングしてみた記事はこちら

ソロキャンプ用の極厚鉄板を購入!!さっそくシーズニングしてみた!

国産牛をお値打ちにゲット!!

今回焼いていくお肉はこちらです!

国産ステーキ肉

ブランド牛では無いようですが、国産牛がお値打ちな価格で売っていたので、購入しました!

184gで842円です。

厚みは1.5㎝位。まあまあ厚めの肉を選びました。

下準備をしていくよ!

ちょっと真ん中の大きな脂身が気になったので、取り除き、筋切りをしました。

ステーキ筋切り

ステーキ下味

焼く直前に、ブラックペッパーと岩塩を多めに振りかけておきます。

極厚鉄板の準備!

もらって来た牛脂を引き、スライスしたにんにくを投入し、油ににんにくの香を付けていきます!

鉄板に牛脂

鉄板ににんにく

良い香りです!これだけでお腹が空いてくる!!

香が立ったら、にんにくは取り除いておきます。

肉を極厚鉄板にON!!!!

鉄板にステーキをON

ステーキをひっくり返した所

強火で鉄板を十分に熱したら、弱火に落とします(余熱でもしっかり焼けます)。

そしてお肉をON!最高な音!!

ここで反対側にもブラックペッパーと岩塩を振ります。

今回は、そこまで厚い肉ではないので1分30秒程でひっくり返します。

いい焼き色ですね!

鉄板はしっかり熱いので、火を止めました。

反対側は1分程やいたら鉄板から上げます。

アルミホイルでお肉を休ませる

アルミホイルで保温

焼いてすぐに肉を切ってしまうと、せっかくの肉汁がでてしまうそうです。

休ませる時間は、肉を焼いた時間と同じ時間を目安に4分程休ませます。

肉汁が偏らない為に、休ませている時も一度裏返すと良いみたい!

また、休ませることでじんわりと中まで火が通り、絶妙な焼き加減になります!

お肉を休ませている間に!

付け合わせのジャガイモを焼く

付け合わせに、冷蔵庫に合ったジャガイモを肉汁の乗った鉄板で焼いていきます。味付けは無し!

この後、ガーリックライスを作ったのですが、混ぜる事に必死になって写真が撮れませんでした。

ステーキランチ完成!

ステーキランチ完成
もう少し彩のきれいな野菜を添えられると良かったのですが、冷蔵庫に野菜がありませんでした。男のステーキランチという事で。

十分食欲そそる画だと思います!

ステーキ断面

断面をご覧ください。しっかり中まで火が通っている事がわかるキレイなピンク色。

高温かつ短時間で焼き上げているからでしょうか?肉汁が閉じ込められているのを感じました。

国産牛だからという事もあるのかわかりませんが、以前食べた事があるアメリカ産のステーキと比べて、とても柔らかく焼きあがりました。

ガーリックライスも肉のうまみが染み込んで美味しかった!大満足のランチでしたよ!

まとめ

今回は、極厚鉄板を使って初めての調理でした。

まだまだ使い慣れない所があるので、極厚鉄板を使いこなし、もっと美味しいステーキを焼けるようになりたいと思います。

今後のアウトドアでの使用も楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-鉄板

Copyright© to the nature , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.